サイト制作に関するメモ書き

HOME > CMS > Movable Type > Movable Typeをアップグレードする

Movable Typeをアップグレードする

Movable Typeを6から7にアップグレードすることがあったので、その際の流れをメモ。

アップグレード方法

アップグレードの前に、公式のマニュアルにアップグレードする際の注意点がまとまっていますので、こちらで問題ないかご確認ください。
注意、制限事項と既知の問題点 | CMSプラットフォーム Movable Type ドキュメントサイト
MySQL5.1以上、Perl5.10.1以上となっています。

問題ないようであればアップグレード作業に入ります。
Movable Typeをインストールしているディレクトリに新しいディレクトリを作成して、新しいファイルをアップロードします。
例えば、以下ように作成します。

// 現在のディレクトリ
/home/XXXXX/www/mt

// 新しく作成するディレクトリ
/home/XXXXX/www/mt_new

新しく作成したディレクトリにファイルをアップロードしたら、現在のディレクトリから必要なファイルをコピーします。
コピーするのは主に以下の5つです。

  • /mt-config.cgi
  • /plugins/追加したプラグイン
  • /mt-static/plugins/追加したプラグイン
  • /mt-static/support
  • /themes/追加したテーマ

/mt-config.cgiと/mt-static/supportは設定関連なので必須ですが、それ以外は環境に応じてコピーするようにしてください。

拡張子が「.cgi」のファイルに実行権限を割り当てるため、パーミッションを「755」に変更します。

  • mt-atom.cgi
  • mt-check.cgi
  • mt-comments.cgi
  • mt-config.cgi
  • mt-cp.cgi
  • mt-data-api.cgi
  • mt-feed.cgi
  • mt-ftsearch.cgi
  • mt-search.cgi
  • mt-sp.cgi
  • mt-tb.cgi
  • mt-testbg.cgi
  • mt-upgrade.cgi
  • mt-wizard.cgi
  • mt-xmlrpc.cgi
  • mt.cgi

これで準備は一通り完了したので、ディレクトリ名を変更します。

// 現在のディレクトリ
/home/XXXXX/www/mt
↓
/home/XXXXX/www/mt_bk

// 新しいディレクトリ
/home/XXXXX/www/mt_new
↓
/home/XXXXX/www/mt

現在のディレクトリはすぐに削除しないで、古いバージョンに戻せるように一定期間取っておくとよいと思います。
合わせてデータベースのバックアップも取っておくようにしてください。

mt.cgiにアクセスして、アップグレードを実行ボタンをクリックするとアップデートが開始されます。

アップグレード処理完了後にサイト全体を確認して、問題ないようでしたら完了です。
 

【参考サイト】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲PAGE TOP