サイト制作に関するメモ書き

HOME > その他 > XAMPPでバーチャルホストの設定をする

XAMPPでバーチャルホストの設定をする

XAMPPでバーチャルホストの設定をして、任意のディレクトリをルートとして開けるようにしてみます。

設定方法

C:\xampp\apache\conf内にあるhttpd.confの最後に以下を追加します。
Cドライブ直下以外にXAMPPをインストールしている場合、適宜パスを変更してください。

httpd.conf

NameVirtualHost *:80

<VirtualHost *:80>
DocumentRoot "C:/xampp/htdocs"
ServerName localhost
</VirtualHost>

<VirtualHost *:80>
DocumentRoot "C:/xampp/htdocs/ディレクトリ名"
ServerName ディレクトリ名
</VirtualHost>

「ディレクトリ名」となっている部分に、ルートで開きたいディレクトリ名を入れます。

次に、C:\Windows\System32\drivers\etc内にあるhostsの最後に以下を追加します。

hosts

127.0.0.1 localhost
127.0.0.1 ディレクトリ名

これで設定は完了です。
XAMPPを再起動して、http://ディレクトリ名/にアクセスすることができれば成功です。

2回目以降は各ファイルの最後に必要な個所のみ追加するようにします。
※2017/03/18
2つ目以降を追加するとそれまでに設定したディレクトリが見られなくなるようなので、使用しないディレクトリをコメントアウトするように変更しました。

httpd.conf

<VirtualHost *:80>
#DocumentRoot "C:/xampp/htdocs/ディレクトリ名"
#ServerName ディレクトリ名
DocumentRoot "C:/xampp/htdocs/追加ディレクトリ名"
ServerName 追加ディレクトリ名
</VirtualHost>

hosts

127.0.0.1 ディレクトリ名
127.0.0.1 追加ディレクトリ名

 

【参考サイト】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲PAGE TOP