サイト制作に関するメモ書き

HOME > SEO > robots.txtの設定方法

robots.txtの設定方法

robots.txtについて調べる機会があったのでメモ。

設定方法

robots.txtは検索エンジンのクローラーに対して、どのページがクロール可能/不可能かを設定することができます。
robots.txtで指定できる項目は以下の4種類です。

User-agent 設定するクローラーのユーザーエージェントを指定。必須。
Disallow クロールを許可しないディレクトリやページを指定。
Allow クロールを許可するディレクトリやページを指定。
Sitemap sitemap.xmlのURLを指定。

実際にrobots.txtの記述例を見てみます。

例えば、「全てのクローラー」に対して「/mypage/」のクロールを許可しないようにする場合、以下のように指定します。

robots.txt

User-Agent: *
Disallow: /mypage/

「User-Agent」に「*」を指定することで、全てのクローラーが対象になります。

特定のクローラーに対して設定したい場合、そのクローラーのユーザーエージェントを指定すればOKです。
「画像用 Googlebot(Google画像検索)」に対して「/images/」内の画像をクロールしないようにする場合、以下のように指定します。

robots.txt

User-agent: Googlebot-Image
Disallow: /images/

Google のクローラについてはこちらのページを、その他のクローラーについてはこちらのページでご確認ください。

最初の例を少し変更して、「全てのクローラー」に対して「/mypage/」のクロールは許可しないが、「/mypage/privacy/」のみクロールを許可したいという場合、以下のように指定します。

robots.txt

User-Agent: *
Disallow: /mypage/
Allow: /mypage/privacy/

このようにDisallowを指定した中で一部例外でクロールさせたいページがある場合、Allowを使います。
Disallowを指定していなければクローラーはクロールするので、以下のようにクロールさせたいページに対してわざわざ指定する必要はありません。

robots.txt

User-Agent: *
Allow: /

ルールは複数設定することもできます。
「全てのクローラー」に対して「/mypage/」と「/search/」のクロールを許可しないようにして、「画像用 Googlebot」に対してのみ「/mypage/image/」のクロールを許可してみます。

# ルール1
User-Agent: *
Disallow: /mypage/
Disallow: /search/

# ルール2
User-Agent: Googlebot-Image
Allow: /mypage/image/

最後にSitemapの指定です。
「全てのクローラー」に対して「/mypage/」のクロールを許可しないようにして、合わせてsitemap.xmlのURLも指定してみます。

User-Agent: *
Disallow: /mypage/
Sitemap: https://example.com/sitemap.xml

SitemapのURLは絶対パスで指定するようにしてください。
 

【参考サイト】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲PAGE TOP