サイト制作に関するメモ書き

HOME > CMS > WordPress > テスト環境と本番環境でWordPressのテンプレート内のIDを変更する

テスト環境と本番環境でWordPressのテンプレート内のIDを変更する

WordPressのテンプレート内で記事やカテゴリなどのIDを指定する必要がある場合、テスト環境と本番環境でIDが変わってしまうことがあります。
テンプレート内に点在すると管理がややこしくなるので、そういった差異を1ファイルでまとめて管理できるようにする方法を試してみます。

サンプルコード

まずは差異をまとめて管理するファイルを作成します。

config.php

<?php $contact_form_id = 14; ?>

今回はContact Form 7というプラグインで使用するIDを管理する想定で試しています。

次に上記ファイルを全ページで読み込むように設定します。
今回はheader.php内で読み込みます。

header.php

<?php require 'config.php'; ?>

これでconfig.phpの内容が全ページで読み込まれるようになったので、config.php内で設定した変数を使用したい場所で設定すればOKです。
例として、front-page.php内でプラグインのショートコードを使ってみます。

front-page.php

<?php echo do_shortcode('[contact-form-7 id="' . $contact_form_id . '"]'); ?>

これでフロントページに問い合わせフォームが出力できました。
あとはテスト環境と本番環境でconfig.php内の変数の値を変更すれば、それぞれの環境での差異がconfig.php内のみになるので比較的管理がしやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲PAGE TOP