サイト制作に関するメモ書き

HOME > CMS > Movable Type > Movable TypeでRSSを配信してみる

Movable TypeでRSSを配信してみる

Movable Typeのブログに投稿した内容を別ページで使用する機会があったので、RSSの配信を試してみました。
バージョンは6.0.8を使用しています。

実装方法

管理画面の該当ブログを開いて、デザイン > テンプレート > インデックステンプレート の「インデックステンプレートの作成」をクリックします。

テンプレート名を「rss」、出力ファイル名を「rss.xml」にして、以下の内容を入力します。

<$mt:HTTPContentType type="application/atom+xml"$><?xml version="1.0" encoding="<$mt:PublishCharset$>"?>
<rss version="2.0">
    <channel>
        <title><$mt:BlogName remove_html="1" encode_xml="1"$></title>
        <link><$mt:BlogURL encode_xml="1"$></link>
        <description><$mt:BlogDescription remove_html="1" encode_xml="1"$></description>
        <MTEntries lastn="15">
        <item>
            <title><$mt:EntryTitle remove_html="1" encode_xml="1"$></title>
            <link><$mt:EntryPermalink encode_xml="1"$></link>
            <description><$mt:EntryBody encode_xml="1"$></description>
            <pubDate><$mt:EntryDate format_name="rfc822"$></pubDate>
            <mt:EntryCategories>
                <category><$mt:CategoryLabel encode_xml="1"$></category>
            </mt:EntryCategories>
        </item>
        </MTEntries>
    </channel>
</rss>

入力完了後、保存と再構築を行えば完了です。
実際にRSSファイルを確認すると、以下のように表示されました。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<rss version="2.0">
    <channel>
        <title>BLOG</title>
        <link>https://XXXXX/blog/</link>
        <description>BLOGの説明文です。設定 > 全般 > 説明 のテキストが入ります。</description>
        <item>
            <title>記事B</title>
            <link>https://XXXXX/blog/2018/08/b.html</link>
            <description><![CDATA[<p>記事Bの内容テキスト</p>]]></description>
            <pubDate>Sat, 25 Aug 2018 20:41:37 +0900</pubDate>
            <category>catA</category>
            <category>catB</category>
        </item>
        <item>
            <title>記事A</title>
            <link>https://XXXXX/blog/2018/08/a.html</link>
            <description><![CDATA[<p>記事Aの内容です。</p>]]></description>
            <pubDate>Sat, 25 Aug 2018 20:35:05 +0900</pubDate>
            <category>catA</category>
        </item>
    </channel>
</rss>

今回は最低限の項目しか入れていないので、使用する項目などに合わせてテンプレートに追加・修正を行ってください。
例えば、記事本文のタグが不要な場合、11行目を以下のように変更します。

<description><$mt:EntryBody remove_html="1" encode_xml="1"$></description>

remove_html=”1″を追加しています。
再構築すると以下のように変更されました。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<rss version="2.0">
    <channel>
        <title>BLOG</title>
        <link>https://XXXXX/blog/</link>
        <description>BLOGの説明文です。設定 > 全般 > 説明 のテキストが入ります。</description>
        <item>
            <title>記事B</title>
            <link>https://XXXXX/blog/2018/08/b.html</link>
            <description>記事Bの内容です。</description>
            <pubDate>Sat, 25 Aug 2018 20:41:37 +0900</pubDate>
            <category>catA</category>
            <category>catB</category>
        </item>
        <item>
            <title>記事A</title>
            <link>https://XXXXX/blog/2018/08/a.html</link>
            <description>記事Aの内容です。</description>
            <pubDate>Sat, 25 Aug 2018 20:35:05 +0900</pubDate>
            <category>catA</category>
        </item>
    </channel>
</rss>

最後にhead内にlinkタグを追加しておきます。
デザイン > テンプレート > テンプレートモジュール > HTMLヘッダー 内に以下を追記します。

<link rel="alternate" type="application/rss+xml" title="RSS" href="<$mt:BlogURL$>rss.xml" />

再構築すると、linkタグが追加されました。

<link rel="alternate" type="application/rss+xml" title="RSS" href="http://sub.cly7796.net/mt/blog/rss.xml" />

 

【参考サイト】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲PAGE TOP