サイト制作に関するメモ書き

HOME > CMS > WordPress > Google XML Sitemapsを使ってみる

Google XML Sitemapsを使ってみる

sitemap.xmlを自動で生成してくれるWordPressのプラグイン「Google XML Sitemaps」を使ってみます。

インストール

プラグイン > 新規追加 を選択して、右上の検索窓から「Google XML Sitemaps」を検索します。
検索結果に「Google XML Sitemaps」が表示されるので、今すぐインストールをクリックします。

インストール完了後、有効化をクリックして準備完了です。

以下にアクセスすると、sitemap.xmlがあるのが確認できました。
http://ドメイン名/(フロントページ)/sitemap.xml
 

設定の変更

設定 > XML-Sitemap から変更できる内容を見てみます。

基本的な設定

検索エンジンに通知するかなどの基本的な設定を変更できます。

追加ページの設定

WordPress管理外のページがある場合などに、URLを追加することができます。

投稿の優先順位

投稿の優先順位の計算方法を選択できます。

Sitemap コンテンツ

sitemap.xmlに含めるコンテンツを指定できます。

カスタム投稿タイプやカスタムタクソノミーを設定している場合、以下のように項目が追加されます。

含めない項目

含めたくないカテゴリーやページの指定ができます。

更新頻度の設定 (changefreq)

更新頻度の指定ができます。

優先順位の設定 (priority)

優先順位の指定ができます。

 

【参考サイト】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲PAGE TOP