サイト制作に関するメモ書き

HOME > CMS > WordPressのプラグイン「Simple Tags」を使ってみる

WordPressのプラグイン「Simple Tags」を使ってみる

WordPressのタグはデフォルトだと「直接入力」か「よく使われているタグ」から選択する形ですが、過去に使用したものから選択する形にしたかったので、「Simple Tags」というプラグインを使ってみました。

インストール

プラグイン > 新規追加 を選択して、右上の検索窓から「Simple Tags」を検索します。
検索結果に「Simple Tags」が表示されるので、今すぐインストールをクリックします。

インストール完了後、有効化をクリックします。

 

使い方

インストール前のタグは以下のようになっています。

Simple Tagsのインストール後、以下のように変更されました。
「タブをクリック」の項目にある「クリックタグを表示する」をクリックしてみます。

タグの一覧が表示されました。

タグをクリックすると、デフォルトのタグ部分に反映されます。

また、デフォルト部分でタグを1文字入力すると、候補が表示されます。

 

おすすめタグの引用元を消す

タグ一覧の上に表示されている「おすすめタグの引用元」は個人的にあまり使わないので、表示しないようにしてみます。

設定 > Simple Tags のSuggested tags featureからチェックを外して保存します。

再度投稿画面を確認すると、「おすすめタグの引用元」が消えているのが確認できました。

 

【参考サイト】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲PAGE TOP