サイト制作に関するメモ書き

HOME > JavaScript > JavaScriptでカラーコードをRGB形式に変更する

JavaScriptでカラーコードをRGB形式に変更する

JavascriptでカラーコードをRGB形式に変換する方法をメモ。

サンプルコード

カラーコードの6桁の値は、16進数でそれぞれRGBの値(#RRGGBB)を表しているものなので、RRとGGとBBそれぞれを10進数に変換すればいいようです。

HTML

#<input type="text" name="color" id="color">
<button id="convert">変換</button>

<p id="before">変換前: <span id="before-code"></span></p>
<p id="after">変換後: <span id="after-code"></span></p>

JavaScript

// 使用する要素を取得
var convert = document.getElementById('convert');
var color = document.getElementById('color');
var before = document.getElementById('before');
var beforecode = document.getElementById('before-code');
var after = document.getElementById('after');
var aftercode = document.getElementById('after-code');

// 変換ボタンをクリックしたとき
convert.addEventListener('click', function() {
	// 入力した値を取得
	var colorcode = color.value;
	// 変換した値を取得
	var rgbArr = convert_colorcode_to_rgb(colorcode);

	// 変換に失敗したときは処理終了
	if(!rgbArr) {
		alert('変換に失敗しました');
		return false;
	}

	// 変換前と変換後を結果に反映
	if(colorcode.split('')[0] !== '#') {
		colorcode = '#' + colorcode;
	}
	var rgb = 'rgb(' + rgbArr[0] + ', ' + rgbArr[1] + ', ' + rgbArr[2] + ')';

	before.style.backgroundColor = colorcode;
	beforecode.innerHTML = colorcode;
	after.style.backgroundColor = rgb;
	aftercode.innerHTML = rgb;
}, false);

// カラーコードをrgbに変換する関数
function convert_colorcode_to_rgb(colorcode) {
	// 先頭に#が含まれている場合は除外
	if(colorcode.split('')[0] === '#') {
		colorcode = colorcode.substring(1);
	}

	// カラーコードが省略されている場合は6桁に戻す
	if(colorcode.length === 3) {
		var codeArr = colorcode.split('');
		colorcode = codeArr[0] + codeArr[0] + codeArr[1] + codeArr[1] + codeArr[2] + codeArr[2];
	}

	// カラーコードが6桁でない場合
	if(colorcode.length !== 6) {
		return false;
	}
	var r = parseInt(colorcode.substring(0, 2), 16);
	var g = parseInt(colorcode.substring(2, 4), 16);
	var b = parseInt(colorcode.substring(4, 6), 16);
	return [r, g, b];
}

カラーコードをRGBに変換するデモページ
 

【参考サイト】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲PAGE TOP