サイト制作に関するメモ書き

HOME > JavaScript > 指定した範囲内でランダムに数値を取得する

指定した範囲内でランダムに数値を取得する

指定した範囲内でランダムに数値を取得するサンプルです。

サンプルコード

JavaScript

console.log("Math.random() → " + Math.random()); // 0.0以上1.0未満の範囲の乱数

// minからmaxまでの乱数を返す関数
function getRandomArbitary(min, max) {
	return Math.random() * (max - min) + min;
}
console.log("getRandomArbitary(0, 5) → " + getRandomArbitary(0, 5)); // 0.0以上5.0未満の範囲の乱数

// minからmaxまでの乱整数を返す関数
function getRandomInt(min, max) {
	return Math.floor( Math.random() * (max - min + 1) ) + min;
}
console.log("getRandomInt(0, 5) → " + getRandomInt(0, 5)); // 0~5の整数
Math.random() 0.0以上1.0未満の範囲で乱数を返す。
Math.random() * 2 のようにすると、0.0以上2.0未満の範囲で乱数を返すようになり、さらにMath.floor(Math.random() * 2) のようにすると、小数点以下を切り捨てるので0か1をランダムで返すようになる。

指定した範囲内でランダムに数値を取得するデモページ
 

【参考サイト】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲PAGE TOP