サイト制作に関するメモ書き

HOME > JavaScript > Three.jsでMMDを使ってみる

Three.jsでMMDを使ってみる

MMDを使ってみるの記事の続きで、実際にThree.jsでMMDを使ってみます。

実装に関して

今回実装するのはモデルデータ・モーションデータ・サウンドデータの読み込み、サウンドをに合わせてモーション、マウスでのアングルの操作の3点です。
公式サイトにあるexampleの中に実際にMMDを使った実例があるので、こちらこちらを参考にしました。

モーションには前回の記事で使用した「Tda式初音ミク・アペンド」のモデルデータを使おうと思っていたのですが、Three.jsでの設定の仕方がよくないのか、拡張子がpmxだと駄目なのか分かりませんが、エフェクトが部分的にうまく効いていないようでした。
そのため今回は「Lat式ミク」のモデルデータ(拡張子はpmd)を使用して実装します。
 

サンプルコード

Lat式ミクVer.2.31」のモデルデータと「ねこみみスイッチモーション」のモーションデータをお借りして実装してみます。

HTML

必要な外部ファイルを読み込みます。

<script src="./three.min.js"></script>
<script src="./charsetencoder.min.js"></script>
<script src="./ammo.js"></script>
<script src="./TGALoader.js"></script>
<script src="./MMDLoader.js"></script>
<script src="./CCDIKSolver.js"></script>
<script src="./MMDPhysics.js"></script>
<script src="./Detector.js"></script>
<script src="./stats.min.js"></script>
<script src="./OrbitControls.js"></script>

JavaScript

var stats;
var mesh, camera, scene, renderer;
var helper;
var windowWidth = window.innerWidth;
var windowHeight = window.innerHeight;
var clock = new THREE.Clock();
var controls;
var modelReady = false;
var musicReady = false;

init();
render();

function init() {
	// シーンの作成
	scene = new THREE.Scene();

	// FPSの表示
	stats = new Stats();
	stats.domElement.style.position = 'absolute';
	stats.domElement.style.top = '0px';
	stats.domElement.style.zIndex = 100;
	document.body.appendChild(stats.domElement);

	// 光の作成
	var ambient = new THREE.AmbientLight(0xeeeeee);
	scene.add(ambient);
	var light1 = new THREE.DirectionalLight(0x888888, 0.3);
	light1.position.set(-50, 15, 30);
	scene.add(light1);
	var light2 = new THREE.DirectionalLight(0x888888, 0.3);
	light2.position.set(50, 15, 30);
	scene.add(light2);

	// 画面表示の設定
	renderer = new THREE.WebGLRenderer();
	renderer.setPixelRatio(window.devicePixelRatio);
	renderer.setSize(windowWidth, windowHeight);
	renderer.setClearColor(new THREE.Color( 0xffffff));
	document.body.appendChild(renderer.domElement);

	// カメラの作成
	camera = new THREE.PerspectiveCamera(50, windowWidth / windowHeight, 1, 1000);
	camera.position.set(0, 10, 35);
	controls = new THREE.OrbitControls(camera, renderer.domElement);
    controls.minDistance = 10;
    controls.maxDistance = 60;
    controls.maxPolarAngle = Math.PI * 0.5;

	// ステージの作成
	var sGeometry = new THREE.PlaneGeometry(150, 50);
	var stageTexture = THREE.ImageUtils.loadTexture('stage.png');
    stageTexture.wrapS = stageTexture.wrapT = THREE.RepeatWrapping;
    stageTexture.repeat.set(45, 15);
	var sMaterial = new THREE.MeshLambertMaterial({map:stageTexture, side: THREE.DoubleSlide});
	var stage = new THREE.Mesh(sGeometry, sMaterial);
	stage.position.set(0, -10, 0)
	stage.rotation.x = -90 * Math.PI / 180;
	scene.add(stage);

	// モデルとモーションの読み込み準備
	helper = new THREE.MMDHelper(renderer);
	var onProgress = function (xhr) {
	};
	var onError = function (xhr) {
		alert('読み込みに失敗しました。');
	};
	var modelFile = 'models/pmd/lat_miku.pmd';
	var vmdFiles = ['models/vmd/nekomimi_lat.vmd'];

	// モデルとモーションの読み込み
	var loader = new THREE.MMDLoader();
	loader.load(modelFile, vmdFiles, function(object) {
		modelReady = true;
		mesh = object;
		mesh.castShadow = true;
		mesh.receiveShadow = true;
		mesh.position.set(0, -10, 0);
		helper.add(mesh);
		helper.setAnimation(mesh);

		helper.setPhysics(mesh);
		helper.unifyAnimationDuration({
			afterglow: 2.0
		});
		scene.add(mesh);
	}, onProgress, onError);


	// サウンドの読み込み
	var audioFile = 'models/music/music.m4a';
	loader.loadAudio(audioFile, function(audio, listener) {
		musicReady = true;
		listener.position.z = 1;
		helper.setAudio(audio, listener);
		helper.unifyAnimationDuration();
		scene.add(audio);
		scene.add(listener);
		ready = true;
	}, onProgress, onError);

	// リサイズ時
	window.addEventListener('resize', onWindowResize, false);
}

function onWindowResize() {
	windowWidth = window.innerWidth;
	windowHeight = window.innerHeight;
	camera.aspect = windowWidth / windowHeight;
	camera.updateProjectionMatrix();
	renderer.setSize(windowWidth, windowHeight);
}

function render() {
	requestAnimationFrame(render);
	if(modelReady && musicReady) {
		helper.animate(clock.getDelta());
		helper.render(scene, camera);
	} else {
		renderer.clear();
		renderer.render(scene, camera);
	}
	stats.update();
	controls.update();
}

Three.jsでMMDを扱うデモページ
一応サウンドに合わせて踊らせるように作っているのですが、サウンドファイルをサーバにアップロードするのはちょっとあれだったのでデモでは音は流れないようにコメントアウトしています。
あと初回表示時は特になのですが、モデルデータの素材が読み込まれるまで黒く表示されてしまうので、ローディングを表示するなどの対応もそのうち追加したいです。
 

【参考サイト】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲PAGE TOP