サイト制作に関するメモ書き

HOME > その他 > nodenvをインストールする

nodenvをインストールする

Node.jsのバージョンを管理できるnodenvを、Homebrewを使ってインストールしてみます。
Homebrewのインストールに関してはこちらの記事を参照ください。

インストール

Homebrewを使ってnodenvを「~/.nodenv」にインストールします。
ターミナルを起動して以下コマンドを実行します。

brew install nodenv

シェルにnodenvを設定します。

nodenv init

ターミナルに表示される指示を実行します。
今回は以下のように表示されていました。

# Load nodenv automatically by appending
# the following to ~/.bash_profile:

eval "$(nodenv init -)"

「eval “$(nodenv init -)”」を「~/.bash_profile」に追加するようにあったので、以下のコマンドを実行しました。

echo 'eval "$(nodenv init -)"' >> ~/.bash_profile

ここまでの変更を有効にするために一旦ターミナルを閉じて、再度起動します。
nodenvが正しく設定されていることを確認するために、以下のコマンドでnodenv-doctorスクリプトを使用します。

curl -fsSL https://github.com/nodenv/nodenv-installer/raw/master/bin/nodenv-doctor | bash

概ね以下のような表示になれば問題なさそうです。

Checking for `nodenv' in PATH: /usr/local/bin/nodenv
Checking for nodenv shims in PATH: OK
Checking `nodenv install' support: /usr/local/bin/nodenv-install (node-build 3.0.22-4-g49c4cb9)
Counting installed Node versions: none
  There aren't any Node versions installed under `~/.nodenv/versions'.
  You can install Node versions like so: nodenv install 2.2.4
Auditing installed plugins: OK

ここまででnodenvの準備が完了したので、実際にNode.jsをインストールしてみます。
利用可能なバージョンをリスト表示します。

nodenv install -l

指定したバージョンのNode.jsをインストールします。

nodenv install 【バージョン】

今回は8.0.0をインストールしてみます。

nodenv install 8.0.0

インストールのみだと適用されないので、今インストールしたバージョンを適用してみます。
適用にはグローバル(全体)とローカル(現在のディレクトリ)があり、グローバルに適用するには以下のようにします。

nodenv global 【バージョン】

今回は8.0.0をインストールしているので、以下のようになります。

nodenv global 8.0.0

以下のコマンドで適用したバージョンが表示されたらOKです。

nodenv global

ローカルに適用する場合はまず適用するディレクトリに移動します。

cd 【ディレクトリパス】

移動後、以下のコマンドでローカルに適用します。

nodenv local 【バージョン】

今回の場合は以下のようになります。

nodenv local 8.0.0

以下のコマンドでバージョンが表示されたらOKです。

nodenv local

 

【参考サイト】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲PAGE TOP