サイト制作に関するメモ書き

HOME > その他 > SourceTreeでGitHubを使ってみる

SourceTreeでGitHubを使ってみる

GitHubに登録して、SourceTreeでクローンやプッシュを行ってみます。

Githubへの登録

Githubのページにアクセスして、登録を行います。

started-with-github01

プランを選択します。
今回はフリープランで登録しました。

started-with-github02

いくつかの質問に回答します。
この項目はスキップすることもできるようです。

started-with-github03

登録したメールアドレスに認証メールが届いているので、URLをクリックして認証を行います。
認証完了後、Start a projectをクリックしてリポジトリを作成します。

started-with-github04

 

リポジトリの作成

リポジトリ名を入力して、リポジトリを作成します。
公開範囲はPublicとPrivateがありますが、フリープランの場合はPublicのみ使用できます。

入力が完了したら、Create repository をクリックします。

started-with-github05

リポジトリが作成できました。

started-with-github06

 

GitHubからクローンする

Clone or download を選択して、URLをコピーします。

started-with-github07

SourceTreeを起動して、新規/クローンを作成する を選択します。

started-with-github08

リポジトリをクローン タブを選択して、元のパス/URLに先ほどコピーしたURLを貼り付けます。
保存先のパスには今回使用するローカルのディレクトリを指定します。
入力が完了したらクローンをクリックします。

started-with-github09

ローカルのディレクトリにクローンできました。

started-with-github10

 

SourceTreeでGitHubにプッシュする

README.md を少し書き換えて保存すると、以下のようにSourceTreeに変更したファイルが表示されます。
変更したファイルを選択して、Stage Selectedをクリックします。

started-with-github11

変更したファイルが移動しました。
この状態でコメントを入力してコミットをクリックすると、変更したファイルがコミットされます。

started-with-github12

コミット後、上部のプッシュをクリックします。

started-with-github13

プッシュ内容に問題がなければ、プッシュをクリックします。

started-with-github14

SourceTreeにGitHubのアカウントを設定していない場合、ログインを求められます。
GitHubのユーザー名とパスワードを入力してログインを行います。

started-with-github15

プッシュ完了しました。

started-with-github16

GitHubにも反映されているのが確認できました。

started-with-github17

 

【参考サイト】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲PAGE TOP