サイト制作に関するメモ書き

HOME > その他 > Node.jsのバージョン管理にnodistを使ってみる

Node.jsのバージョン管理にnodistを使ってみる

Gulpの環境を共有された際にNode.jsのバージョンを切り替える必要があったので、nodistを使ってNode.jsのバージョン管理をやってみました。

nodistのインストール

こちらのページからインストーラーをダウンロードします。
「Download the installer here」からダウンロードできます。

ダウンロード後にインストーラーを実行します。
今回は特に設定を変更せずに、そのまま進めました。

インストールが完了したら、コマンドプロンプトを起動して以下のように入力してみます。

nodist -v

インストールしたバージョンが表示されればOKです。
 

nodistの使い方

続いてコマンドプロンプトに以下を入力して、インストールできるNode.jsのバージョンを確認してみます。

nodist dist

バージョンの一覧が確認できました。

今回は4.4.7に切り替えてみます。
以下を入力してインストールします。

nodist + v4.4.7

インストールが完了したら、以下を入力してインストールしたバージョンを使えるようにします。

nodist v4.4.7

ローカルにのみ設定したい場合は以下のようにします。

nodist local v4.4.7

バージョンを確認して、インストールしたバージョンが表示されたらOKです。

node -v

 

バージョンの切り替えがうまくいかない場合

今回試してみて、指定したバージョンのインストールまではうまくいくのですが、その後の切り替えがうまくいきませんでした。
調べてみると、元々Node.jsをインストールしていた後にnodistをインストールしているのがいけなかったようです。
既存のNode.jsをアンインストールすると、切り替えがうまくいきました。
 

【参考サイト】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲PAGE TOP