サイト制作に関するメモ書き

HOME > その他 > MonacaでiOSのビルドを実行する

MonacaでiOSのビルドを実行する

MonacaでiOSのAd Hoc ビルドをするやり方をメモ。
ビルドをする場合、iOS Developer Programへの登録が必要になります。
参考iOS Developer Programの登録方法

Monacaでの設定

まずはMonacaでいくつか設定を行います。
Monacaにログインして、ビルドするプロジェクトを開きます。
設定 > iOSアプリ設定をクリック。

to-run-the-ios-build-in-monaca01

アプリ情報の設定を行います。
いろいろ設定できますが、今回はアプリケーション名とApp IDだけ設定を追加しました。
設定が完了したら、保存するをクリックしてください。。

to-run-the-ios-build-in-monaca02

次に 設定 > iOSビルド設定をクリックします。

to-run-the-ios-build-in-monaca03

iOSビルド設定の画面が表示されました。
ここでは秘密鍵の生成と、CSRの発行を行います。
秘密鍵とCSRの作成をクリック。

to-run-the-ios-build-in-monaca04

iOS Developer Programで登録したユーザー名とメールアドレスを入力して、秘密鍵とCSRの作成をクリックします。

to-run-the-ios-build-in-monaca05

秘密鍵とCSRが生成されました。

to-run-the-ios-build-in-monaca06

CSRは証明書を発行する際に必要になるので、ダウンロードしておきます。
CSR情報のエクスポートをクリックします。

to-run-the-ios-build-in-monaca07

エクスポートをクリックします。

to-run-the-ios-build-in-monaca08

csr.certSigningRequestというファイルがダウンロードできます。
 

証明書の発行

iOS Dev Centerにログインして、左メニューのCertificates, IDs & Profiles をクリックします。

to-run-the-ios-build-in-monaca09

Certificates > Production をクリックします。

to-run-the-ios-build-in-monaca10

右上の+をクリックします。

to-run-the-ios-build-in-monaca11

ProductionのApp Store and Ad Hocを選択します。

to-run-the-ios-build-in-monaca12

証明書作成の手順が表示されるので、確認してContinueをクリックします。

to-run-the-ios-build-in-monaca13

先ほどダウンロードしたCSRファイルをアップロードして、Continueをクリックします。

to-run-the-ios-build-in-monaca14

証明書の発行が完了しました。
Downloadをクリックしてファイルをダウンロードしておきます。

to-run-the-ios-build-in-monaca15

ios_distribution.cerというファイルがダウンロードできます。
ダウンロードしたらDoneをクリックして完了します。

Monacaの画面に戻って、iOSビルド設定画面の下部にある証明書のアップロードで、証明書をアップロードしておきます。
今回はAd Hoc ビルドなので、ディストリビューション証明書にアップロードします。

to-run-the-ios-build-in-monaca16

 

App IDの登録

次にApp IDを登録します。
iOS Dev Centerの画面に戻って、Identifiers > App IDsを選択して、右上の+をクリックします。

to-run-the-ios-build-in-monaca17

App ID DescriptionにはMonacaで設定したアプリケーション名を、App ID SuffixはExplicit App IDを選択して、Bundle IDにはMonacaで設定したApp IDを入力します。
入力が完了したらContinueをクリック。

to-run-the-ios-build-in-monaca18

確認画面が表示されるので、問題なければRegisterをクリックします。

to-run-the-ios-build-in-monaca19

登録完了しました。

to-run-the-ios-build-in-monaca20

 

端末の登録

アプリをインストールする端末の情報を登録します。
Devices > Allを選択して、右上の+をクリックします。

to-run-the-ios-build-in-monaca21

Register Deviceを選択して、NameとUDIDを入力します。
Nameは自分で判別できる名称でいいようです。
UDIDがわからない場合は、以前にiPhoneやiPodのUDIDを調べるという記事を投稿していますので、参考にしてください。

入力が完了したらContinueをクリック。

to-run-the-ios-build-in-monaca22

確認画面が表示されるので、問題なければRegisterをクリック。

to-run-the-ios-build-in-monaca23

登録完了しました。

to-run-the-ios-build-in-monaca24

 

プロビジョニング プロファイルの作成

今までに登録した情報を使って、ビルドに使用するプロビジョニング プロファイルを作成します。
Provisioning Profiles > Developmentをクリック。

to-run-the-ios-build-in-monaca25

右上の+をクリックします。

to-run-the-ios-build-in-monaca26

Distribution > Ad Hocを選択して、Continueをクリックします。

to-run-the-ios-build-in-monaca27

App IDを選択して、Continueをクリックします。

to-run-the-ios-build-in-monaca28

証明書を選択して、Continueをクリックします。

to-run-the-ios-build-in-monaca29

デバイスを選択して、Continueをクリックします。

to-run-the-ios-build-in-monaca30

Profile Nameを入力します。
自分で判別しやすい名称をつけてください。
入力が完了したらContinueをクリックします。

to-run-the-ios-build-in-monaca31

プロビジョニング プロファイルの作成が完了しました。
Downloadをクリックしてファイルをダウンロードしておいてください。

to-run-the-ios-build-in-monaca32

拡張子がmobileprovisionのファイルがダウンロードできます。
 

Monacaでのビルド

Monacaの画面に戻って、ビルド > iOS アプリのビルドをクリックします。

to-run-the-ios-build-in-monaca33

アドホックビルドを選択して次へをクリックします。

to-run-the-ios-build-in-monaca34

先ほどダウンロードしたプロビジョニングファイルをアップロードして、次へをクリックします。

to-run-the-ios-build-in-monaca35

ビルドが開始され、数分ほど待つとビルドが完了します。

to-run-the-ios-build-in-monaca36

ダウンロードをクリックすると、QRコードの表示やメールでダウンロードURLの送付などが選べるので、やりやすい方法でインストールして下さい。
 

【参考サイト】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲PAGE TOP