サイト制作に関するメモ書き

HOME > その他 > Google Apps Scriptでトリガーの設定

Google Apps Scriptでトリガーの設定

Google Apps Scriptで用意されているトリガーの中から、onOpen()とonEdit()を試してみます。

onOpen()

onOpen()はユーザーがGoogleドキュメントやスプレッドシートなどを開いたときに実行される関数です。

Googleスプレッドシートを開いて、ツール > スクリプト エディタ を選択します。

Google Apps Scriptのファイルが生成されるので、以下のように書き換えて保存します。

function onOpen() {
  Browser.msgBox('開きました');
}

スプレッドシートに戻ってリロードをすると、以下のようにアラートが表示されました。

 

onEdit()

onEdit()はスプレッドシート内の値を変更した時に実行される関数です。
Google Apps Scriptの内容を以下のように変更してみます。

function onEdit(e) {
  var range = e.range;
  range.setNote('変更しました');
}

スプレッドシートに戻って値を追加すると、以下のようにコメントを追加できました。

onEdit()を使って以下のようにすると、変更日時をコメントに残せたりするようです。

function onEdit(e) {
  var range = e.range;
  range.setNote('Last modified: ' + new Date());
}

 

【参考サイト】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲PAGE TOP