サイト制作に関するメモ書き

HOME > その他 > Photoshopの「クイック書き出し」と「書き出し形式」を使ってみる

Photoshopの「クイック書き出し」と「書き出し形式」を使ってみる

Photoshopの「クイック書き出し」と「書き出し形式」を使ってみます。

クイック書き出し

クイック書き出しは名前の通り、スライスやレイヤー名を変更することなく、クイックに書き出しができる機能です。
カンバス全体を対象にする方法と、指定したレイヤーを対象にする方法の種類があります。

現在のカンバス全体をそのまま書き出したい場合、ファイル > 書き出し > PNGとしてクイック書き出し を選択します。
この場合、書き出されるファイル名はpsdのファイル名が使用されます。

指定したレイヤーを書き出したい場合、レイヤーを右クリック > PNGとしてクイック書き出し を選択します。
この場合、書き出されるファイル名はレイヤー名が使用されます。

レイヤーを複数選択してから右クリック > PNGとしてクイック書き出し で、複数まとめて書き出すこともできます。

クイック書き出しはデフォルトではPNG形式での書き出しになっていますが、ファイル > 書き出し > 書き出しの環境設定 から設定を変更できます。

例としてJPG形式に変更してみます。

書き出し方法がJPGに変更されました。

 

書き出し形式

書き出し形式はクイック書き出し + 書き出す際の設定を行える、みたいな機能です。
クイック書き出しと同じくスライスやレイヤー名を変更する必要がないので、さっと書き出したい場合に便利です。

書き出し形式もクイック書き出しと同じく、ファイルメニューから選択する方法とレイヤーを右クリックして選択する方法の2種類があります。
ファイル > 書き出し > 書き出し形式 を選択した場合、現在のカンバス全体をそのまま書き出します。

拡張子の選択やサイズなど、書き出す際の設定を行います。
すべてを書き出しをクリックすると、psdのファイル名で書き出されます。

レイヤーを右クリック > 書き出し形式 を選択した場合、指定したレイヤーを書き出します。

先ほどと同様の書き出しの設定画面が表示されました。
すべてを書き出しをクリックすると、レイヤー名で書き出されます。

レイヤーを複数選択してから、右クリック > PNGとしてクイック書き出し で複数まとめて書き出すこともできます。

左側に選択したレイヤーが表示されました。
このレイヤーを選択してから設定を変更すると、レイヤー毎に書き出しの設定を変更できます。

 

【参考サイト】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲PAGE TOP