サイト制作に関するメモ書き

HOME > PHP > Instagram APIでデータ取得をPHPで行う場合の注意点

Instagram APIでデータ取得をPHPで行う場合の注意点

Instagram APIをJavaScriptで扱う場合、アクセストークンがコード上に見えてしまう問題点があります。
それを解消するため、データの取得をPHPで行い、そのデータをJavaScriptで処理する記事を少し前に書いたのですが、この時に書いていたコードだと少し問題がありそうだったので補足しておきます。

※2016/06/18
APIの仕様が変更になり、インスタグラムへの申請と承認が必要になっています。詳しくは下記をご確認ください。
Permissions Review • Instagram Developer Documentation

変更前

変更前はこのように記述していました。

<?php
$accessToken = 'アクセストークンをここに入れる';
$userid = 5001435; // ユーザーID
$count = 10; // 取得件数

$url = 'https://api.instagram.com/v1/users/' . $userid . '/media/recent?access_token=' . $accessToken . '&count=' . $count;
$jsonData = file_get_contents($url);
echo $jsonData;

jsonデータを取得して、そのまま出力する形です。
この場合、出力されるjsonデータは以下のようになります。

{
	"pagination":{
		"next_url":"https:\/\/api.instagram.com\/v1\/users\/5001435\/media\/recent?access_token=アクセストークンがここに入っています\u0026count=10\u0026max_id=1064348317545558763_5001435",
		"next_max_id":"○○○"
	},
	"meta":{
		"code":200
	},
	"data":[
		{
			~取得するデータ~
		}
	]
}

paginationのnext_urlの中にアクセストークンが含まれてしまっています。
JavaScriptで扱うのは主にdata内だけかと思いますので、data内だけ出力するようにしてみます。
 

変更後

<?php
$accessToken = 'アクセストークンをここに入れる';
$userid = 5001435; // ユーザーID
$count = 10; // 取得件数
 
$url = 'https://api.instagram.com/v1/users/' . $userid . '/media/recent?access_token=' . $accessToken . '&count=' . $count;
$jsonData = file_get_contents($url);
 
// jsonデータの整形・出力
$json = json_decode($jsonData, true);
echo json_encode($json["data"]);

jsonデータの取得までは同じですが、一旦連想配列に変換して、data内だけ再度jsonに変換して出力しています。
jsonデータ出力のデモページ
 

【参考サイト】

 

“Instagram APIでデータ取得をPHPで行う場合の注意点” への1件のコメント

  1. […] Instagram APIでデータ取得をPHPで行う場合の注意点 修正はこのサイト様より頂きました。自分でやったこと…cakeで使えるように整形、くらいです。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲PAGE TOP