サイト制作に関するメモ書き

HOME > PHP > PHPでcookieを使ってみる

PHPでcookieを使ってみる

PHPでcookieを扱う際の方法をメモ。

cookieの保存と取得

cookieの処理は、ブラウザに何らかの出力を行う前にコールする必要があります。
そのため、<!DOCTYPE html>より前にcookieを扱う処理を記述します。

保存ページ

「setcookie(保存名, 保存する値)」の形で保存できます。

<?php
setcookie('name1', '青葉');
?>

取得ページ

「$_COOKIE[保存名]」の形で取得できます。
isset()を使ってcookieが保存されているかを確認してから取得するようにします。

<?php
if(isset($_COOKIE['name1'])) {
	$name1 = $_COOKIE['name1'];
} else {
	$name1 = 'ありません。';
}
?>

取得ページ(body内)

<p>name1の値: <?php echo $name1; ?></p>

cookieの保存と取得のデモページ

 

cookieの有効期限の指定

cookieの有効期限はsetcookie()の第三引数に設定できます。

保存ページ

有効期限を30秒間にしてみます。

<?php
setcookie('name2', 'ねね', time() + 30);
?>

取得ページ

<?php
if(isset($_COOKIE['name2'])) {
	$name2 = $_COOKIE['name2'];
} else {
	$name2 = 'ありません。';
}
?>

取得ページ(body内)

<p>name2の値: <?php echo $name2; ?></p>

cookieの有効期限の指定のデモページ

 

cookieの削除

cookieの削除する場合、setcookie()の有効期限を過去にすると削除できます。

保存ページ

<?php
setcookie('name3', 'ほたる');
?>

取得ページ

<?php
if(isset($_COOKIE['name3'])) {
	$name3 = $_COOKIE['name3'];
} else {
	$name3 = 'ありません。';
}
?>

取得ページ(body内)

<p>name3の値: <?php echo $name3; ?></p>

削除ページ

<?php
setcookie('name3','',time() - 1);
?>

cookieの削除のデモページ

 

【参考サイト】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲PAGE TOP