サイト制作に関するメモ書き

HOME > Python > Pythonのデータ型について調べてみる

Pythonのデータ型について調べてみる

Pythonのデータ型の中からいくつか見てみます。
Pythonのバージョンは3.7.0を使用しています。

文字列(str)

文字列はその名前の通り文字列のデータ型で、シングルクォーテーション「’」またはダブルクォーテーション「”」で括ります。

string = 'str'
print(type(string))

type()は型を調べる関数です。

実行すると以下のようになります。

<class 'str'>

 

整数(int)

整数値のデータ型で、例えば2,4,20などが当てはまります。

integer = 123
print(type(integer))

実行すると以下のようになります。

<class 'int'>

 

浮動小数点(float)

小数点を持つ数値のデータ型で、例えば5.0,1.6などが当てはまります。

float = 3.14
print(type(float))

実行すると以下のようになります。

<class 'float'>

除算は常に浮動小数点を返すので、整数を除算した場合は割り切れても浮動小数点になります。

calc = 2 / 2
print(calc)
print(type(calc))

実行すると以下のようになります。

1.0
<class 'float'>

 

論理(bool)

真偽値のデータ型です。

boolean = True
print(type(boolean))

trueはTrue、falseはFalseのように頭文字が大文字でないとNameErrorになるようなので注意してください。

実行すると以下のようになります。

<class 'bool'>

 

リスト(list)

値を複数持つデータ型で、JavaScriptなどほかの言語で言うところの配列のようなものです。
全体を大括弧[] で囲って、値をカンマで区切ります。

list = ['a', 2, 'c']
print(type(list))

実行すると以下のようになります。

<class 'list'>

 

タプル(tuple)

タプルはリストと似ていますが、要素の書き換えができない点が異なります。
全体を丸括弧() で囲って、値をカンマで区切ります。

tuple = ('a', 2, 'c')
print(type(tuple))

実行すると以下のようになります。

<class 'tuple'>

 

辞書(dictionary)

キーと値のペアで管理するデータ型で、JavaScriptなど他の言語で連想配列などと呼ばれるものです。
全体を波括弧{} で囲って、キーと値を キー: 値 のようにして、各ペアをカンマで区切ります。

dictionary = {'name': 'suzuki', 'age': 18}
print(type(dictionary))

実行すると以下のようになります。

<class 'dict'>

 

集合(set)

値の重複が不可のデータ型です。
全体を中括弧{} で囲って、値をカンマで区切ります。

set = {'a', 'b', 'c'}
print(set)
print(type(set))

実行すると以下のようになります。

{'b', 'a', 'c'}
<class 'set'>

 

【参考サイト】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲PAGE TOP