サイト制作に関するメモ書き

HOME > SEO > 301リダイレクトと302リダイレクトの使い方

301リダイレクトと302リダイレクトの使い方

リダイレクトのステータスコードの中でもよく使用する、301と302について調べてみました。

301リダイレクト

301リダイレクトは恒久的なページの移動で使用します。
具体的には以下のような場合です。

  • サイトを新しいドメインに移動する場合
  • 複数の異なるURLでサイトにアクセスできる場合(正規化)

301リダイレクトの場合、リダイレクト元のページはインデックスされなくなります。
 

302リダイレクト

302リダイレクトは一時的なページの移動で使用します。
具体的には以下のような場合です。

  • メンテナンス中にお知らせページへリダイレクトする場合
  • サーバエラー時にエラーページにリダイレクトする場合
  • モバイル向けサイトへリダイレクトする場合

302リダイレクトの場合、一時的なリダイレクトなのでリダイレクト元のページはインデックスされ続けます。
 

その他のリダイレクト

基本的に使用するのは301リダイレクトか302リダイレクトが多いですが、他にも以下のステータスコードがあります。

303リダイレクト

303リダイレクトはリダイレクト先にGETメソッドでアクセスするように強制します。
例えば、フォームPOST後にトップへリダイレクトする場合、トップへPOSTする必要がないので、GETに変更するといった形です。

307リダイレクト

307リダイレクトは302リダイレクトと同様、一時的なページ移動で使用します。
302リダイレクトと違う点は、リクエストで使ったメソッド(POSTやGET)でそのままリダイレクト先へアクセスすることです。

308リダイレクト

308リダイレクトは301リダイレクトと同様、恒久的なページ移動で使用します。
301リダイレクトと違う点は、リクエストで使ったメソッドでそのままリダイレクト先へアクセスすることです。
 

【参考サイト】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲PAGE TOP