サイト制作に関するメモ書き

HOME > SEO > Googleアナリティクスでiframeはどういう扱いになるのか

Googleアナリティクスでiframeはどういう扱いになるのか

iframeを埋め込んでいるページにアクセスしたとき、親ページ、子ページのページビュー数や滞在時間はどのようにカウントされるのかを実験してみました。

実験概要

今回実験で調べたいと思ったことは3点です。

  1. iframeを埋め込んだページにアクセスした場合、親ページ、子ページ共に
    ページビュー数はカウントされるのか。
  2. 子ページもページビュー数がカウントされる場合、滞在時間はどのようになるのか。
  3. ページ読み込み後にiframeを追加・削除する処理があった場合、
    埋め込むたびに子ページのページビュー数はカウントされるのか。
    (例:ライトボックスで開くたびにiframeを埋め込んで表示させている場合など)

実験前の予測

  1. ページビュー数はカウントされてそう。
  2. 読み込む順番は親ページ→子ページと思うので、子ページに遷移したと見なされた場合は
    親ページの滞在時間が取れなさそう?
  3. 一応ページを読み込んでいるので、ページビュー数はカウントされてそう。

実験内容

今回は3つのブラウザで、実験毎にセッションが切れた状態で3回行いました。
行ったのは以下の2つです。

実験A:デモページA(index.html)にアクセスして、1分後に別ページへ遷移する。
子ページはchildren.html。

実験B:デモページB(index2.html)にアクセスして、10秒毎にiframeの削除・挿入を行う(5回/計50秒)。
アクセスして1分後(最後の挿入から10秒後)に別ページへ遷移する。子ページはchildren2.html。
 

実験結果

1回目 Firefox

実験A

1. ページビュー数は親ページ、子ページともカウント。
2. 滞在時間は親ページが0秒、子ページが60秒。(1秒は手動の誤差です)
閲覧開始数がindex.htmlにカウントされているので、親ページ→子ページに遷移したと見なされた模様。

interpretation-of-the-iframe-in-google-analytics01

実験B

3. アクセス分 + 挿入5回分でページビュー数は6。
滞在時間は親ページが0秒、子ページが60秒。

interpretation-of-the-iframe-in-google-analytics02
 

2回目 IE

実験A

1. ページビュー数は親ページ、子ページともカウント。
2. 滞在時間は親ページが0秒、子ページが60秒。

実験B

3. 前回実験分に加えて、今回挿入した回数だけカウント。
滞在時間は親ページが0秒、子ページが60秒。

interpretation-of-the-iframe-in-google-analytics03
 

3回目 Opera

実験A

1. ページビュー数は親ページ、子ページともカウント。
2. 滞在時間は親ページが0秒、子ページが60秒。

実験B

3. 前回実験分に加えて、今回挿入した回数だけカウント。
滞在時間は親ページが0秒、子ページが60秒。

interpretation-of-the-iframe-in-google-analytics04
 

4回目 Firefox

実験A

1. ページビュー数は親ページ、子ページともカウント。
2. 滞在時間は親ページの平均が15秒、子ページの平均が46秒となっているので、
今回の滞在時間は親ページが60秒、子ページが0秒。

今回は閲覧開始数がchildren.htmlにカウントされているので、
子ページ→親ページに遷移したと見なされた模様。

実験B

3. 前回実験分に加えて、今回挿入した回数だけカウント。
滞在時間は親ページが0秒、子ページが60秒。

interpretation-of-the-iframe-in-google-analytics05
 

5回目 IE

実験A

1. ページビュー数は親ページ、子ページともカウント。
2. 滞在時間は親ページが60秒、子ページが0秒。

実験B

3. 前回実験分に加えて、今回挿入した回数だけカウント。
滞在時間は親ページが0秒、子ページが60秒。

interpretation-of-the-iframe-in-google-analytics06
 

6回目 Opera

実験A

1. ページビュー数は親ページ、子ページともカウント。
2. 滞在時間は親ページが0秒、子ページが60秒。

実験B

3. 前回実験分に加えて、今回挿入した回数だけカウント。
滞在時間は親ページが0秒、子ページが60秒。

interpretation-of-the-iframe-in-google-analytics07
 

7回目 Firefox

実験A

1. ページビュー数は親ページ、子ページともカウント。
2. 滞在時間は親ページが0秒、子ページが60秒。

実験B

3. 前回実験分に加えて、今回挿入した回数だけカウント。
滞在時間は親ページが0秒、子ページが60秒。

interpretation-of-the-iframe-in-google-analytics08
 

8回目 IE

実験A

1. ページビュー数は親ページ、子ページともカウント。
2. 滞在時間は親ページが0秒、子ページが60秒。

実験B

3. 前回実験分に加えて、今回挿入した回数だけカウント
滞在時間は親ページが0秒、子ページが60秒。

interpretation-of-the-iframe-in-google-analytics09
 

9回目 Opera

実験A

1. ページビュー数は親ページ、子ページともカウント。
2. 滞在時間は親ページが60秒、子ページが0秒。

実験B

3. 前回実験分に加えて、今回挿入した回数だけカウント。
滞在時間は親ページが0秒、子ページが60秒。

interpretation-of-the-iframe-in-google-analytics10
 

まとめ

1. 親ページ、子ページ共にページビュー数はカウントされるのか。
→ページビュー数は両ページ共カウントされる。
 

2. 滞在時間はどのようにカウントされるのか。
→実験Aに関して言えば、親ページ・子ページ両パターンがあった。
閲覧開始数のカウントされていない方が滞在時間を計測されているため、読み込みのタイミングによって
早かった方が遅かった方にページ遷移したと見なされ、遅かった方の滞在時間を計測している?

→実験Bの方では常に子ページが滞在時間を計測されていたので、
結果がまちまちなのは、最初にアクセスしたページだけかもしれない?
 

3. iframeを埋め込むたび、子ページのページビュー数はカウントされるのか。
→挿入した回数だけページビュー数はカウントされる。
 

以上の結果になりました。
2の結果だと、同一ドメインのiframeを埋め込んでいた場合、親ページの滞在時間が計測できない
ということになるので、この実験結果があっているのか若干怪しい気がしますが。。
イマイチはっきりしなかったので、機会があればまた調べてみたいと思います。
 

“Googleアナリティクスでiframeはどういう扱いになるのか” への1件のコメント

  1. […] ●参考サイト iframeを使ったフォームのGAのクロスドメイントラッキングについて クロスドメイン トラッキング – ウェブ トラッキング(analytics.js) Googleアナリティクスでiframeはどういう扱いになるのか | cly7796.net […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲PAGE TOP