サイト制作に関するメモ書き

HOME > SEO > Googleタグマネージャでイベントトラッキングを設定する

Googleタグマネージャでイベントトラッキングを設定する

Googleタグマネージャでのイベントトラッキングの設定を試してみたいと思います。

設定方法

今回はこのブログのコメント送信ボタンがクリックされたときに計測ができるようにしてみます。

Google タグマネージャ公式サイトにログインします。
左ナビゲーションの「変数」をクリック。

set-the-event-tracking-in-google-tag-manager01

コメント送信ボタン(#submit)をクリックしたときに計測するので、クリック > Click ID にチェックを入れておきます。
チェックを入れたら、左ナビゲーションの「タグ」をクリック。

set-the-event-tracking-in-google-tag-manager02

新しくタグを作成するので、「新規」をクリックします。

set-the-event-tracking-in-google-tag-manager03

左上のGoogle Analyticsを選択。

set-the-event-tracking-in-google-tag-manager04

ユニバーサルアナリティクスを選択。

set-the-event-tracking-in-google-tag-manager05

トラッキングIDを入力して、「ディスプレイ広告向け機能を有効にする」にチェックを入れ、トラッキングタイプはイベントを選択。

set-the-event-tracking-in-google-tag-manager06

イベントトラッキングのパラメータを入力します。
今回は以下のように設定しました。

set-the-event-tracking-in-google-tag-manager07

ラベルに入っている「{{Page Path}}」はあらかじめGoogleタグマネージャ側で用意されている変数で、名前の通り閲覧しているページのパスが入ります。
他の変数を使いたい場合、先ほどの変数を設定するページで変更できます。

配信するタイミングはコメント送信ボタンをクリックしたときなので、クリックを選択。

set-the-event-tracking-in-google-tag-manager08

イベントは既にクリックを選択していますので、トリガーを設定します。
今回はすべての要素にしました。

set-the-event-tracking-in-google-tag-manager09

配信するタイミングはコメント送信ボタンをクリックしたときなので、一部のクリックを選択。

set-the-event-tracking-in-google-tag-manager10

配信するタイミングの条件を設定します。
今回はクリックした要素のidがsubmitのときなので、「Click ID」「等しい」「submit」にしました。
条件の設定が完了したら、トリガーを作成ボタンをクリックします。

set-the-event-tracking-in-google-tag-manager11

トリガー名を設定して保存をクリック。

set-the-event-tracking-in-google-tag-manager12

タグを配信するトリガーを設定できました。
タグを作成をクリック。

set-the-event-tracking-in-google-tag-manager13

タグ名を設定して保存をクリック。

set-the-event-tracking-in-google-tag-manager14

タグの作成が完了しました。
右上の公開ボタンをクリックして公開すれば完了です。

set-the-event-tracking-in-google-tag-manager15

実際に試してみて、Googleアナリティクス上で確認できればOKです。

set-the-event-tracking-in-google-tag-manager16

実際にはもう少しきちんと設定したほうがよいとは思いますが、今回はとりあえず試してみたかっただけなのでこれで良しとします。
 

【参考サイト】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲PAGE TOP