サイト制作に関するメモ書き

HOME > SEO > アナリティクスAPIのマトリクスとディメンションの項目を試してみる

アナリティクスAPIのマトリクスとディメンションの項目を試してみる

Googleスプレッドシートのアドオンを使って、アナリティクスAPIのマトリクスとディメンションの項目で個人的に使いそうなものをいくつか試してみます。

マトリクスとディメンションについて

マトリクス(Metrics)はデータを定量化したものです。
セッション数やページビュー数、離脱率、コンバージョン率など、主に値が数値になる項目が該当します。

ディメンション(Dimensions)はデータの属性です。
マトリクスの値をどのような側面から絞り込むかを示す項目で、デバイスや地域、ランディングページ、キーワードなどがあります。

例えば、以下のようなデータを見たいとします。

  • 先月のページビュー数
  • デバイス毎の直帰率
  • ページ毎の滞在時間

この場合、「ページビュー数」「直帰率」「滞在時間」に当たるものがマトリクス、「先月(月)」「デバイス」「ページ(URL)」に当たるものがディメンションになります。

詳しい説明は公式のヘルプをご確認ください。
 

マトリクス

実際にGoogleスプレッドシートのアドオンを使って試してみます。
設定方法などは以前に記事を投稿していますのでそちらをご確認ください。

今回は前月1ヶ月のデータを取得するようにしてみます。
Last N Daysの値を空にして、Start Dateに「=DATE(YEAR(TODAY()),MONTH(TODAY())-1,1)」、End Dateに「=EOMONTH(TODAY(),-1)」を設定します。

この状態でMetricsに項目を追加して表示を確認してみます。
 

User

Userのマトリクスの項目をいくつか試してみます。
Metricsの項目に以下の内容を追加します。

ga:users
ga:newUsers
ga:percentNewSessions

新しくレポートを作る場合、ga:usersはUsers、ga:newUsersはNew Users、ga:percentNewSessionsは% New Sessionsを選択してください。

レポートを出力してみると、以下のように表示されました。

ga:users ユーザー数。
ga:newUsers 新規ユーザー数。
ga:percentNewSessions 新規セッション率。

 

Session

Sessionのマトリクスの項目を試してみます。
Metricsの項目に以下の内容を追加します。

ga:sessions
ga:sessionDuration
ga:bounceRate
ga:bounces
ga:hits

新しくレポートを作る場合、ga:sessionsはSessions、ga:sessionDurationはSession Duration、ga:bounceRateはBounce Rate、ga:bouncesはBounces、ga:hitsはHitsを選択してください。

レポートを出力してみると、以下のように表示されました。

ga:sessions セッション数。
ga:sessionDuration セッション時間。
ga:bounceRate 直帰率。
計算はga:bounces / ga:sessions
ga:bounces 直帰数。
ga:hits ヒット数。

 

Goal Conversions

Goal Conversionsのマトリクスの項目を試してみます。
Metricsの項目に以下の内容を追加します。

ga:goal1Completions
ga:goalCompletionsAll
ga:goal1ConversionRate
ga:goalConversionRateAll

新しくレポートを作る場合、ga:goal1CompletionsはGoal XX Completions、ga:goalCompletionsAllはGoal Completions、ga:goal1ConversionRateはGoal XX Conversion Rate、ga:goalConversionRateAllはGoal Conversion Rateを選択してください。
XXに当たる部分は適宜変更してください。

レポートを出力してみると、以下のように表示されました。

ga:goalXXCompletions 目標XXの完了数。
ga:goalCompletionsAll 全ての目標の完了数。
ga:goalXXConversionRate 目標XXのコンバージョン率。
計算はga:goalXXCompletions / ga:sessions
ga:goalConversionRateAll 全ての目標のコンバージョン率。
計算はga:goalCompletionsAll / ga:sessions

 

Page Tracking

Page Trackingのマトリクスの項目を試してみます。
Metricsの項目に以下の内容を追加します。

ga:pageviews
ga:pageviewsPerSession
ga:timeOnPage
ga:exitRate

新しくレポートを作る場合、ga:pageviewsはPageviews、ga:pageviewsPerSessionはPages / Session、ga:timeOnPageはTime on Page、ga:exitRateは% Exitを選択してください。

レポートを出力してみると、以下のように表示されました。

ga:pageviews ページビュー数。
ga:pageviewsPerSession ページ / セッション。
計算はga:pageviews / ga:sessions
ga:timeOnPage ページ滞在時間。
ga:exitRate 離脱率。
計算はga:exits / (ga:pageviews + ga:screenviews)

 

Event Tracking

Event Trackingのマトリクスの項目を試してみます。
Metricsの項目に以下の内容を追加します。

ga:totalEvents
ga:uniqueEvents
ga:eventValue

新しくレポートを作る場合、ga:totalEventsはTotal Events、ga:uniqueEventsはUnique Events、ga:eventValueはEvent Value、を選択してください。

レポートを出力してみると、以下のように表示されました。

ga:totalEvents 合計イベント数。
ga:uniqueEvents ユニークイベント数。
ga:eventValue イベントの値。

 

ディメンション

次にディメンションの設定を試してみます。
マトリクスは必須項目なのでMetricsにga:sessionsを設定して、Sortに-ga:sessionsを設定して降順にします。

この状態でDimensionsに項目を追加して表示を確認してみます。
 

User

Userのディメンションの項目をいくつか試してみます。
Dimensionsの項目に以下の内容を追加します。

ga:userType

新しくレポートを作る場合はUser Typeを選択してください。

レポートを出力してみると、以下のように表示されました。

ga:userType ユーザー種別。
New Visitor(新規ユーザー)かReturning Visitor(リピーター)。

 

Traffic Sources

Traffic Sourcesのディメンションの項目を試してみます。
まずはキーワードを試してみるので、Dimensionsの項目に以下の内容を追加します。

ga:keyword

新しくレポートを作る場合はKeywordを選択してください。

レポートを出力してみると、以下のように表示されました。

次に参照URLを試してみます。
Dimensionsの項目に以下の内容を追加します。

ga:fullReferrer

新しくレポートを作る場合はFull Referrerを選択してください。

レポートを出力してみると、以下のように表示されました。

次に参照やメディアを試してみます。
Dimensionsの項目に以下の内容を追加します。

ga:source
ga:medium
ga:sourceMedium

新しくレポートを作る場合、ga:sourceはSource、ga:mediumはMedium、ga:sourceMediumはSource / Mediumを選択してください。

レポートを出力してみると、以下のように表示されました。

ga:keyword 検索のキーワード。
ga:fullReferrer 完全な参照URL。
ga:source 参照元。
ga:medium メディア。
ga:sourceMedium 参照元/メディア。

 

Goal Conversions

Goal Conversionsのディメンションの項目を試してみます。
Goal Conversionsではマトリクスをga:goalConversionRateAllに変更して、Dimensionsの項目に以下の内容を追加します。

ga:goalCompletionLocation
ga:goalPreviousStep1
ga:goalPreviousStep2
ga:goalPreviousStep3

新しくレポートを作る場合、ga:goalCompletionLocationはGoal Completion Location、ga:goalPreviousStep1はGoal Previous Step – 1、ga:goalPreviousStep2はGoal Previous Step – 2、ga:goalPreviousStep3はGoal Previous Step – 3を選択してください。

レポートを出力してみると、以下のように表示されました。

ga:goalCompletionLocation 目標の完了の場所。
ga:goalPreviousStep1 目標の前のステップ1。
ga:goalPreviousStep2 目標の前のステップ2。
ga:goalPreviousStep3 目標の前のステップ3。

 

Platform or Device

Platform or Deviceのディメンションの項目を試してみます。
まずはデバイスの種類を試してみるので、Dimensionsの項目に以下の内容を追加します。

ga:deviceCategory

新しくレポートを作る場合はDevice Categoryを選択してください。

レポートを出力してみると、以下のように表示されました。

次にブラウザの種類を試してみます。
Dimensionsの項目に以下の内容を追加します。

ga:browser
ga:browserVersion

新しくレポートを作る場合、ga:browserはBrowser、ga:browserVersionはBrowser Versionを選択してください。

レポートを出力してみると、以下のように表示されました。

次にOSの種類を試してみます。
Dimensionsの項目に以下の内容を追加します。

ga:operatingSystem
ga:operatingSystemVersion

新しくレポートを作る場合、ga:operatingSystemはOperating System、ga:operatingSystemVersionはOperating System Versionを選択してください。

レポートを出力してみると、以下のように表示されました。

次にモバイル端末の種類を試してみます。
Dimensionsの項目に以下の内容を追加します。

ga:mobileDeviceBranding
ga:mobileDeviceModel

新しくレポートを作る場合、ga:mobileDeviceBrandingはMobile Device Branding、ga:mobileDeviceModelはMobile Device Modelを選択してください。

レポートを出力してみると、以下のように表示されました。

ga:deviceCategory デバイス種類(desktop/mobile/tablet)。
ga:browser ブラウザの種類。
ga:browserVersion ブラウザのバージョン。
ga:operatingSystem OSの種類。
ga:operatingSystemVersion OSのバージョン。
ga:mobileDeviceBranding モバイル端末のメーカー名。
ga:mobileDeviceModel モバイル端末のモデル名。

 

Geo Network

Geo Networkのディメンションの項目を試してみます。
Dimensionsの項目に以下の内容を追加します。

ga:country
ga:region
ga:city

新しくレポートを作る場合、ga:countryはCountry、ga:regionはRegion、ga:cityはCityを選択してください。

レポートを出力してみると、以下のように表示されました。

ga:country 国名。
ga:region 地域。
ga:city 都市名。

 

System

Systemのディメンションの項目を試してみます。
Dimensionsの項目に以下の内容を追加します。

ga:language

新しくレポートを作る場合はLanguageを選択してください。

レポートを出力してみると、以下のように表示されました。

ga:language 言語。

 

Page Tracking

Page Trackingのディメンションの項目を試してみます。
まずはページパスとタイトルを試してみるので、Dimensionsの項目に以下の内容を追加します。

ga:pagePath
ga:pageTitle

新しくレポートを作る場合、ga:pagePathはPage、ga:pageTitleはPage Titleを選択してください。

レポートを出力してみると、以下のように表示されました。

次にページパスの各階層を試してみます。
Dimensionsの項目に以下の内容を追加します。

ga:pagePathLevel1
ga:pagePathLevel2
ga:pagePathLevel3
ga:pagePathLevel4

新しくレポートを作る場合、ga:pagePathLevel1はPage path level 1、ga:pagePathLevel2はPage path level 2、ga:pagePathLevel3はPage path level 3、ga:pagePathLevel4はPage path level 4を選択してください。

レポートを出力してみると、以下のように表示されました。

次にランディングページを試してみます。
Dimensionsの項目に以下の内容を追加します。

ga:landingPagePath

新しくレポートを作る場合はLanding Pageを選択してください。

レポートを出力してみると、以下のように表示されました。

次に2ページ目を試してみます。
Dimensionsの項目に以下の内容を追加します。

ga:secondPagePath

新しくレポートを作る場合はSecond Pageを選択してください。

レポートを出力してみると、以下のように表示されました。

次に離脱ページを試してみます。
Dimensionsの項目に以下の内容を追加します。

ga:exitPagePath

新しくレポートを作る場合はExit Pageを選択してください。

レポートを出力してみると、以下のように表示されました。

ga:pagePath ページパス。
ga:pageTitle ページタイトル。
ga:pagePathLevel1 ページパスの第1階層。
ga:pagePathLevel2 ページパスの第2階層。
ga:pagePathLevel3 ページパスの第3階層。
ga:pagePathLevel4 ページパスの第4階層。
ga:landingPagePath ランディングページのページパス。
ga:secondPagePath 2ページ目のページパス。
ga:exitPagePath 離脱ページのページパス。

 

Event Tracking

Event Trackingのディメンションの項目を試してみます。
Dimensionsの項目に以下の内容を追加します。

ga:eventCategory
ga:eventAction
ga:eventLabel

新しくレポートを作る場合、ga:eventCategoryはEvent Category、ga:eventActionはEvent Action、ga:eventLabelはEvent Labelを選択してください。

レポートを出力してみると、以下のように表示されました。

ga:eventCategory イベントカテゴリ。
ga:eventAction イベントアクション。
ga:eventLabel イベントラベル。

 

Time

Timeのディメンションの項目を試してみます。
まずは年や月を試してみるので、Dimensionsの項目に以下の内容を追加します。

ga:year
ga:month
ga:yearMonth

新しくレポートを作る場合、ga:yearはYear、ga:monthはMonth of the year、ga:yearMonthはMonth of Yearを選択してください。

レポートを出力してみると、以下のように表示されました。

次に日を試してみます。
Dimensionsの項目に以下の内容を追加します。

ga:day
ga:date

新しくレポートを作る場合、ga:dayはDay of the month、ga:dateはDateを選択してください。

レポートを出力してみると、以下のように表示されました。

次に週を試してみます。
Dimensionsの項目に以下の内容を追加します。

ga:dayOfWeek

新しくレポートを作る場合はDay of Weekを選択してください。

レポートを出力してみると、以下のように表示されました。

次に時間を試してみます。
Dimensionsの項目に以下の内容を追加します。

ga:hour

新しくレポートを作る場合はHourを選択してください。

レポートを出力してみると、以下のように表示されました。

ga:year 年。
形式はYYYY。
ga:month 月。
形式はM。
ga:yearMonth 年月。
形式はYYYYMM。
ga:day 日。
形式はD。
ga:date 年-月-日。
形式はYYYY-MM-DD。
ga:dayOfWeek 曜日。
形式は0~6。
ga:hour 時間。
形式はH。

 

今回試した項目以外にも色々とありますので、詳しくは公式リファレンスでご確認ください。
 

【参考サイト】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲PAGE TOP