サイト制作に関するメモ書き

HOME > PHP > Laravelで日付関連の処理を行うCarbonを使ってみる

Laravelで日付関連の処理を行うCarbonを使ってみる

Laravelで日付関連の処理を行うのに便利なCarbonの中からいくつか試してみます。

サンプルコード

app\Http\routes.php

Route::get('/carbon', 'CarbonController@getIndex');

app\Http\Controllers\CarbonController.php

LaravelでCarbonを使う場合、use Carbon\Carbon;の宣言をすることで使用できます。

<?php

namespace App\Http\Controllers;

use Carbon\Carbon;

class CarbonController extends Controller
{
	public function getIndex()
	{
		// 現在の日時
		$now = Carbon::now();
		echo '現在: ' . $now . '<br>';
		// 昨日
		$yesterday = Carbon::yesterday();
		echo '昨日: ' . $yesterday . '<br>';
		// 今日
		$today = Carbon::today();
		echo '今日: ' . $today . '<br>';
		// 明日
		$tomorrow = Carbon::tomorrow();
		echo '明日: ' . $tomorrow . '<br><br>';

		// 5年進める
		echo '5年進める: ' . $now->addYears(5) . '<br>';
		// 10年戻る
		echo '10年戻る: ' . $now->subYears(10) . '<br>';
		// 1ヶ月進む
		echo '1ヶ月進む: ' . $now->addMonth() . '<br>';
		// 15日進む
		echo '15日進む: ' . $now->addDays(15) . '<br>';
		// 8時間戻る
		echo '8時間戻る: ' . $now->subHours(8) . '<br>';
		// 平日で2日進む
		echo '平日で2日進む: ' . $now->addWeekdays(2) . '<br>';
		// 2週間進む
		echo '2週間進む: ' . $now->addWeeks(2) . '<br><br>';

		// 1990年2月4日
		$createDate = Carbon::createFromDate(1990, 2, 4);
		echo '1990年2月4日: ' . $createDate . '<br>'; // 指定していない時間は現在のものになる
		// 22時22分22秒
		$createTime = Carbon::createFromTime(22, 22, 22);
		echo '22時22分22秒: ' . $createTime . '<br>'; // 指定していない年月日は現在のものになる
		// 1984年2月27日22時11分00秒
		$create = Carbon::create(1994, 2, 27, 22, 11, 00);
		echo '1984年2月27日22時11分00秒: ' . $create . '<br>';
		// 今年のクリスマス
		$xmasThisYear = Carbon::createFromDate(null, 12, 25);
		echo '今年のクリスマス: ' . $xmasThisYear . '<br>'; // 指定していない年と時間は現在のものになる
		// 年齢
		$birth = Carbon::createFromDate(1991, 5, 29);
		echo '年齢: ' . $birth->age . '<br><br>';

		// 日時から各値取得
		$dt = Carbon::parse('2016-12-25 22:11:00.123456');
		echo $dt . '<br>';
		echo 'year: ' . $dt->year . '<br>';
		echo 'month: ' . $dt->month . '<br>';
		echo 'day: ' . $dt->day . '<br>';
		echo 'hour: ' . $dt->hour . '<br>';
		echo 'minute: ' . $dt->minute . '<br>';
		echo 'second: ' . $dt->second . '<br>';
		echo 'micro: ' . $dt->micro . '<br>';
		echo 'dayOfWeek: ' . $dt->dayOfWeek . '<br>';
		echo 'dayOfYear: ' . $dt->dayOfYear . '<br>';
		echo 'weekOfMonth: ' . $dt->weekOfMonth . '<br>';
		echo 'weekOfYear: ' . $dt->weekOfYear . '<br>';
		echo 'daysInMonth: ' . $dt->daysInMonth . '<br>';
		echo 'timestamp: ' . $dt->timestamp . '<br>';
		echo 'quarter: ' . $dt->quarter . '<br>';
	}
}

以下のような表示になりました。

using-the-carbon-in-laravel01

他にもいろいろできるようなので、詳しくは公式のドキュメントをご確認ください。
 

【参考サイト】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲PAGE TOP