PHPのglob()を使ってみる

指定したパターンにマッチするファイルパスのリストを返すglob()を使ってみます。

サンプルコード

例として、同一階層に「a.txt」「b.txt」「c.txt」というファイルを設置した上で、以下の内容を記載したPHPファイルを用意します。

$files = glob("*.txt");
var_dump($files);

「*.txt」というパターンに一致するファイルパスのリストを返すので、以下のように出力されます。

array(3) {
  [0]=>
  string(5) "a.txt"
  [1]=>
  string(5) "b.txt"
  [2]=>
  string(5) "c.txt"
}

glob()のデモページ

次は、imgディレクトリ内に「a.jpg」「b.jpg」「c.jpg」という画像を設置した上で、以下の内容に変更してみます。

$files = glob("img/*.jpg");
foreach ($files as $filename) {
    echo '<img src="' . $filename . '">';
}

imgディレクトリ内にある拡張子がjpgのファイルパスを取得して、imgタグとして出力できました。

<img src="img/a.jpg">
<img src="img/b.jpg">
<img src="img/c.jpg">

glob()のデモページ2

参考サイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントが承認されるまで時間がかかります。

2024年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031