サイト制作に関するメモ書き

HOME > PHP > 変数と定数の使い方

変数と定数の使い方

PHPの変数と定数の使い方について見てみます。

変数

変数は「$」から始まり、英数字と_を使って作成します。
先頭では数字では使えず、英字の大文字と小文字は区別されます。

変数は後からでも値の変更(上書き)ができるので、一時的に値を格納するのに使用されます。

PHP

<?php
$string = '文字列';
$integer = 7;
$decimal = 3.14;
$flag = true;
$null = null;
$array = array('A', 'B', 'C');
var_dump($string);
var_dump($integer);
var_dump($decimal);
var_dump($flag);
var_dump($null);
?>

変数のデモページ
 

定数

定数は変数と違い後からの変更ができないので、管理者名やメールアドレスなど、変更することがない値に対して使用します。

PHP

<?php
define ("URL", "http://cly7796.net/wp/");
echo URL;
?>

定数のデモページ
 

PHP5.3以降だとconstを使って定義することもできるようです。

PHP

<?php
const URL = "http://cly7796.net/wp/";
echo URL;
?>

 

【参考サイト】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

▲PAGE TOP