WebフォントサービスのTypeSquareを使ってみる

株式会社モリサワが提供しているWebフォント配信サービスの「TypeSquare」を使ってみます。

プランについて

プランはいくつか用意されていますが、無料プランの場合は月に1000PV、利用できる書体数・ドメイン数は1つとなっています。
書体数は1ウェイトで1書体となるため、1つのフォントファミリーを指定してボールドも使いたいという場合は2書体というカウントになるようです。

また、1000PVを超えた場合は翌月までフォントが配信されなくなり、デフォルトのフォント(次の候補を設定している場合はそのフォント)が表示されるようになるようです。
使用するサイトの規模感などにもよりますが、クライアント向けのサイト構築時はサイトの規模に応じた有料プランを適宜選択する形になりそうです。

設定方法

TypeSquareのサイトにアクセスして、左上の新規登録からアカウントを作成します。

アカウント作成後、ログインを行います。
ログイン後、利用プランに応じた設定を行います。
今回は無料プランを使用するので、現在ご利用中のプランの「無料プラン・無料プラン」をクリックして、プラン設定詳細ページに移動します。

プラン設定詳細ページの下部にスクロールすると、利用する書体の選択と使用するサイトのURLの登録が行えます。
まず書体の選択ですが、今回は「しまなみ」というフォントを選択してみます。

次に使用するサイトURLですが、今回はこのブログのURLを設定します。

これで設定が完了したので、プラン設定詳細ページの上部にあるscrptタグをコピーして、head内に張り付けます。

CSSの設定については、書体を選択したセクションに設定例が表示されています。

TypeSquareのWebフォント利用のデモページ

参考サイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントが承認されるまで時間がかかります。

2024年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031