SourceTreeでカスタムアクションの設定ができない

SourceTreeの環境設定で、カスタムアクションのタブを選択できないということがあったので対応方法をメモ。
SourceTreeのバージョンは4.2.0で、Mac環境で確認しています。

設定方法

上部メニューの Sourcetree > 環境設定 を選択します。
環境設定の上部タブで「カスタムアクション」(隠れていますが「アップデート」と「高度な設定」も)が非活性の状態になっていました。

調べてみると、バージョン4.1.0の時点で「高度な設定」などが選択できない不具合があるようでした。
対応方法が言語設定の変更を行うとのことだったので、試してみます。
環境設定画面の一般タブを選択して、下部にある Language & Region > Preferred language を「English (U.S.)」に変更します。

SourceTreeを再起動して環境設定画面を再度開くと、先ほど非活性で選択できなかったタブ項目が選択できるようになっていました。

カスタムアクションを設定した後に言語設定を元に戻してみましたが、設定した内容はそのまま(タブは非活性に戻る)のようだったので、タブ部分が選択できないのみの不具合のようです。

もしくは、上部メニューの 操作 > カスタムアクション > 編集 を選択すると、環境設定画面のカスタムアクションタブを直接開けました。

参考サイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントが承認されるまで時間がかかります。

2023年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728