PhotoshopでWebPを書き出す

Photoshopのバージョン23.2からWebPに対応したそうなので、WebPでの書き出しや保存をいくつか試してみました。
今回はPhotoshopのバージョン23.3.0を使用しています。

書き出し

まずは書き出しを試してみます。
ファイル > 書き出し > Web用に保存 を選択します。

この方法の場合、フォーマットの選択部分にWebPは表示されていませんでした。

次に画像アセットの生成で試してみます。
レイヤーにファイル名(今回はsky.webp)を指定します。

ファイル > 生成 > 画像アセット を選択します。

assetsフォルダは生成されましたが、中身はerrors.txtのファイルのみでした。
errors.txtのファイル内には「layer “sky.webp”: Unsupported extension: webp」とあり、書き出しの場合はWebPは対応していなさそうでした。

保存

次に保存する方法を試してみます。
ファイル > コピーを保存 を選択します。

保存する際のフォーマット選択にWebPがありました。

WebPを選択して保存をクリックすると、画質やメタデータなどのオプション設定画面が表示されます。

OKをクリックすると、WebP形式での保存ができました。

結果

今回試した限りだと、現時点ではデザインデータからWebPへの書き出しは対応していないようでした。
デザインデータからWebPとして書き出したい場合、一旦pngやjpg形式で書き出した後で再度Photoshopで開き、WebPとして保存するという手順が必要になるため、デザインデータからの書き出しという点だけで見るとそこまで便利ではなさそうな印象です。

参考サイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントが承認されるまで時間がかかります。

2022年6月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930