さくらインターネットでService Unavailableのエラーが表示される

さくらインターネットのレンタルサーバで新しくサーバを借りてファイルをアップロードした際に、503エラー(Service Unavailable)が返ってきてサイトが表示できないということがあったので、その際に行ったことをメモしておきます。

対応前の状況

サイトの表示は以下のようになり、ステータスコードは503が返ってくる状態になりました。

Service Unavailable
The server is temporarily unable to service your request due to maintenance downtime or capacity problems. Please try again later.

メンテナンスのダウンタイムまたは容量の問題により、サーバーは一時的にリクエストを処理できないとなっていますが、障害情報を確認した限りでは特に何も発生していないようでした。
また、今回使用していたプランの容量的にも問題ありませんでした。

調べてみると、こちらのページの503の項目に以下のような記載がありました。

長時間アクセス集中等が続き状態が改善されない場合は、リソースブーストを利用することでエラーの抑制ができる場合があります。(※)
利用についてはサーバのリソース情報を確認の上ご利用ください。

※ 運営 ( 設置 ) されているコンテンツによりサーバに過負荷が発生した場合、コンテンツへの 【制限】 を実施する場合があります。
制限が行われているかどうかは、サーバコントロールパネルから、サーバステータス ? リソースをクリックし、[リソースの制限状況]よりご確認ください

サーバコントロールパネルにログインして、サーバステータス > リソース の リソースの制限状況で確認してみましたが、「現在リソース制限されていません」との表示でした。

対応内容

上記参照箇所にも記載がありますが、503の場合はリソースブーストという機能を使うことで改善されることがあるようです。
先ほどと同じページで503の緩和(リソースブースト) をクリックします。

注意事項が表示されるので、確認した上でリソースブーストを行います。

リソースブーストが実行されました。
注意事項にも記載がありますが、リソースブーストの期間は2日間で、次に実行できるのは1週間後となるのでご注意ください。

これで再度確認すると、サイトが正しく表示されるのを確認できました。

原因

問い合わせをしたわけではないので調べた限りでの推論になりますが、おそらく短時間で重めのファイルデータをアップロードしていたことが原因ではないかと思います。
今回の場合、4〜5GBくらいのデータをアップロードしていました。

こちらのブログ記事で問い合わせした際の内容がまとめられていますが、あらかじめ決められた閾値を超えた際に自動で制限がかかる場合、コントロールパネル側に特に表示されないようです。

ただ、少し前に1日あたりの転送量が無制限になったという情報も見かけたので、もしかしたら別の原因がある可能性もあります。(他に原因になりそうな事柄は思いつかないですが)

参考サイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントが承認されるまで時間がかかります。

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031