Githubの個人アクセストークンをSourceTreeで使用する

GithubでのGit操作でパスワード認証が使用できなくなっているようだったので、個人アクセストークンを使用する方法を試してみます。

経緯

Githubからリポジトリをクローンしようとしたところ、以下のようなエラーが表示されました。

remote: Support for password authentication was removed on August 13, 2021. Please use a personal access token instead.
remote: Please see https://github.blog/2020-12-15-token-authentication-requirements-for-git-operations/ for more information.
fatal: Authentication failed for ‘https://github.com/XXXXX/xxxxx.git/

2021年8月13日以降、パスワード認証が使えなくなっているようです。
代替方法はいくつかあるようですが、今回は個人アクセストークンを使う方法に変更してみます。

設定方法

Githubの設定画面で、左ナビ下部にあるDeveloper settingsを選択します。

左ナビのPersonal access tokensを選択します。

Generate new tokenをクリックします。

トークンに名前を設定します。

スコープ(権限)を選択します。
コマンドラインからリポジトリにアクセスする場合は「repo」を選択しておくといいようです。
設定後、ページ下部のGenerate tokenをクリックします。

これで個人アクセストークンの作成が完了しました。

クリップボードにコピーしておいて、Sourcetreeでパスワード入力を求められた際に使用すればOKです。

パスワードの入力を求められない場合、キーチェーンから既存の認証情報を削除する必要がある可能性があります。

参考サイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントが承認されるまで時間がかかります。

2021年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31