GoogleアナリティクスのMeasurement Protocolを使ってみる

GoogleアナリティクスのMeasurement Protocolを使うことで、JavaScriptオフの環境やガラケーでPVをカウントしたり、配信したメルマガの開封率を調べたり、色々なことができます。

使い方

imgタグでhttp://www.google-analytics.com/collectを指定して、パラメータでどういったデータを送るかを設定することで、Google アナリティクスにデータを送信できます。

<img src="http://www.google-analytics.com/collect?key=value..." width="1" height="1" />

今回はPVをカウントするものと、イベントトラッキングを送信するものを試してみます。
 

サンプルコード

まずはPVをカウントしてみます。

HTML

<img src="http://www.google-analytics.com/collect?v=1&tid=UA-55250624-1&cid=00000&t=pageview&dp=%2Fwp%2Ftry-using-the-measurement-protocol-of-google-analytics%2F" width="1" height="1" />

Measurement ProtocolでPV数カウントのデモページ

v=version プロトコルバージョンを指定。
現時点ではとりあえず1でよさげ。
tid=UA-XXXXXXXX-XX トラッキングIDを指定。
cid=XXXXXXXX クライアントID(ユーザーを識別できるもの)を指定。
特になければ適当に数値などを入れておきます。
t=HitType ヒットタイプ(送信するデータの種類)を指定。
‘pageview’, ‘screenview’, ‘event’, ‘transaction’, ‘item’, ‘social’, ‘exception’, ‘timing’のいずれか。
dp=URL ページのURLを指定。
URLはエンコードしたものでないと不可。

取得したデータは以下のように確認できました。

try-using-the-measurement-protocol-of-google-analytics01

 

次にイベントトラッキングを送信してみます。
基本的な部分は変わりませんが、t=eventにしてイベントを送信するようにしています。

HTML

<img src="http://www.google-analytics.com/collect?v=1&tid=UA-55250624-1&cid=00000001&t=event&ec=page&ea=load&el=%2Fwp%2Ftry-using-the-measurement-protocol-of-google-analytics%2Findex2.html" width="1" height="1" />

Measurement Protocolでイベントトラッキング送信のデモページ

ec=Category イベントカテゴリを指定。
ea=Action イベントアクションを指定。
el=Label イベントラベルを指定。
ev=Value イベントバリューを指定。

取得したデータは以下のように確認できました。

try-using-the-measurement-protocol-of-google-analytics02

 

パラメータに設定できるものは他にも色々ありますので、詳しくは公式のドキュメントをご確認ください。
 

【参考サイト】

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

1件のコメント

  1. […] たら、以下のサイトなどを参考に改造してみてください。 GoogleアナリティクスのMeasurement Protocolを使ってみる […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントが承認されるまで時間がかかります。

2023年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728