JavaScriptで型を調べる

JavaScriptのtypeofを使って色々な値の型を調べてみます。

サンプルコード

以下のように色々な値の型を調べて、consoleに結果を表示するようにしてみます。

JavaScript

var ex01;
console.log(typeof ex01); // undefined

var ex02 = undefined;
console.log(typeof ex02); // undefined

var ex03 = 'test';
console.log(typeof ex03); // string

var ex04 = '';
console.log(typeof ex04); // string

var ex05 = 123;
console.log(typeof ex05); // number

var ex06 = 0;
console.log(typeof ex06); // number

var ex07 = -1;
console.log(typeof ex07); // number

var ex08 = 0.5;
console.log(typeof ex08); // number

var ex09 = true;
console.log(typeof ex09); // boolean

var ex10 = {key: 'value'};
console.log(typeof ex10); // object

var ex11 = [1, 2, 3];
console.log(typeof ex11); // object

var ex12 = new Date();
console.log(typeof ex12); // object

var ex13 = null;
console.log(typeof ex13); // object

var ex14 = function() {};
console.log(typeof ex14); // function

結果は上記コード内のコメントに書いてある通りです。
型を調べるデモページ

概ね想定した通りの結果になっていますが、nullがobjectになっている点だけ注意が必要そうです。
 

【参考サイト】

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

コメントが承認されるまで時間がかかります。

2021年4月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930