MAMPでPHPのバージョンを変更する

MAMPを使用する際にPHPのバージョンを変更したいということがあったので、設定方法をメモ。
MAMPの5.2を使用しています。

設定方法

メニューバーの MAMP > Preferences を選択して、表示されるタブの中からPHPをクリックします。

PHPのバージョンが2種類選択できます。
今回の場合、現在のバージョンの7.2.10の他に7.1.22が選択できました。
バージョンのチェックを変更してOKをクリックすれば切り替え完了です。

表示されている2種類以外にもいくつかバージョンが用意されているので、違うバージョンを選択できるようにしてみます。
Finderで「/Applications/MAMP/bin/php」に移動します。

移動先のディレクトリに格納されているバージョンを使用できます。
MAMPの設定画面ではこの中の最新2バージョンを選択できるようになっているようです。
今回の場合、ディレクトリ内には下記バージョンが用意されていました。

  • php5.3.29
  • php5.4.45
  • php5.5.38
  • php5.6.37
  • php7.0.32
  • php7.1.22
  • php7.2.10

例としてphp5.3.29とphp7.2.10を選択できるようにしてみます。
使用したいバージョン以外のフォルダ名を「_php5.4.45」のように変更します。

MAMPを再起動して設定画面を確認すると、選択できるバージョンが変更されていることを確認できました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントが承認されるまで時間がかかります。

2021年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930