.gitignoreを使ってGitで無視するファイルを指定する

.gitignoreを使ってGitで無視するファイルを指定する方法を調べたのでメモ。

使い方

.gitignoreというファイルをGit管理下のディレクトリに作成して、その中にGit管理に含めないファイルを指定していきます。
.gitignoreは複数のディレクトリに配置することもできて、階層が深い方が優先順位は高くなります。

.gitignore

# ルート = .gitignoreのあるディレクトリとする

# 特定のファイル名を無視する
# →対象範囲のファイルすべて無視される
sample.txt

# 特定のファイルのみ無視する
# ルート直下のファイルを無視する場合
/sample.txt

# 特定の拡張子を無視する
# →対象範囲の該当ファイルすべて無視される
*.json

# 特定のディレクトリ名を無視する
# →対象範囲の該当ディレクトリすべて無視される
css/

# ルートからのパスを指定して特定のディレクトリを無視する
common/css/

# 特定のディレクトリ名直下にある特定の拡張子を無視する
**/img/

# 指定したファイル/ディレクトリを無視しない
!common/img/*.mp3

先頭が#の行はコメントになります。
 

【参考サイト】

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

1件のコメント

  1. […] .gitignore を使って Git で無視するファイルを指定する | cly7796.net […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントが承認されるまで時間がかかります。

2022年6月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930