Laravelで404ページを設定する

Laravelで404ページを表示する方法をメモ。

サンプルコード

resources\views\errorsにviewにファイル追加すればOKです。
404ページを表示させたい場合、404.blade.phpを追加します。

resources\views\errors\404.blade.php

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<title>404 Not Found</title>
</head>
<body>
<h1>404 Not Found</h1>
<p>ページが見つかりませんでした。</p>
</body>
</html>

存在しないURLにアクセスすると、以下のように表示されました。

setting-the-404-in-the-laravel01

ファイル名を変更することで、404ページ以外も設定できます。
 

【参考サイト】

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントが承認されるまで時間がかかります。

2024年2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829